生理がきたとしても排卵が行われなければ、妊娠することは不可能

生理がきたとしても排卵が行われなければ、妊娠することは不可能

赤ちゃんが出来るプロセスを知ると、妊娠というのはものすごい奇跡なのだとわかると思います。
妊娠可能なタイムリミットは排卵から24時間以内と限定的です。

 

女の人は毎月やってくる生理で周期を数えますが、赤ちゃんを望むのであれば重要視すべきなのは排卵日がいつなのかということです。

 

 

 

生理がきたとしても排卵が行われなければ、妊娠することは不可能であるからです。

 

もし妊娠を望んでいるのなら、まずは排卵日のパターンを理解することから進めましょう。初の妊娠がとても嬉しくてそのまますぐに仕事を辞めました。

 

 

 

退職したものの、毎日がヒマになってしまいました。暇をつぶすため、友達としょっちゅう外食に出てはお金を使い、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。

 

 

特につわりも無く元気だったため、適度に仕事をしながら妊娠期間を満喫すればよかったと思います。妊娠中というのは、とにかく太りやすいです。

 

 

 

この前、二人きり最後の記念に旅行し、思いっきり楽しみ、ご馳走もたくさん食べてきました。

 

家へ帰ってきたら出発前より3kgも体重が増えていました。たった2日でここまで太ることなんてなかったので、驚きでした。

 

妊娠する前は多少食べ過ぎても翌日少し抑えたら簡単に戻っていましたが、妊娠中はそうはいきません。食事を摂らなくても痩せないのです。栄養を取りつつ体重管理をするのは大変ですが、産まれてくるわが子のために頑張りたいと思います。奥さんが第一子を妊娠して、何をしてあげられるか悩んでしまう旦那さんも多いと思います。

 

まずは夫婦が一緒に居られる時間を増やしてみてください。初めてのことばかりで不安な奥さんを安心させてあげましょう。産院での検診に付き添ってみましょう。だんだんと父親になるという実感が湧いてくるはずです。

 

 

 

とはいえ、産院は基本的に女性優先、女性が座れるようパパは隅で待ちましょうね。

 

妊娠中はパパにも慣れないことが多く大変かもしれませんが、やはり赤ちゃんを身ごもっている妊婦さんを最優先にして下さい。

 

妊娠期間中は身体に負担をかけないように身の回りの人に力を貸してもらいながらゆっくりめに過ごしてほしいものです。
家事を本気でしすぎるとお腹がピンとしたり、仕事に入れ込みすぎると体調が悪くなったり、精神面にも影響がでると思います。
食事はつわりでひどいときには食べられるものを食べ、罪作りな気持ちはもたないようにしてほしいのです。

 

 

わたしはつわりが大変でしたが、葉酸入りのサプリメントは、なんとか少し取り入れるように意識しました。妊婦生活を送る中、心掛けたい事は、食べ物や栄養バランスを見つめ直すことです。

 

 

 

赤ちゃんは自分で栄養摂取することが難しいためお母さんからもらうことから、母親がとるものは気をつけなければなりません。

 

 

 

カフェインは絶対にNGです。

 

コーヒー、ウーロン茶、紅茶などのカフェインを含む飲料は控え、お酒やタバコもやめることです。また、カップラーメンなど簡単にできるようなインスタントは塩分が高めなので控えてください。

 

 

 

食べ物は家庭的なものにすることが大切です。
みかんやイチゴなどのビタミン豊富なフルーツを食べるのもいいですよ。私が切迫早産の診断を受けてから注意したことはとにかく体を冷やさない事です。夏場でも常に靴下を履き、足首を触って冷たいときはレッグウォーマーも付けていました。
素足にサンダルなんて以ての外です。

 

冬場にはカイロを腰に、そしてつま先にもカイロを貼っていました。暑さで冷たいドリンクをどんなに飲みたくても常温の飲み物や、暖かい飲み物ばかり飲んでいました。
妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。ストレスをためてしまうと、イライラして暴飲暴食したり、冷静さを保てず危険な行動をしたりゆとりを持って日々を過ごせなくなります。そうなると、母体に負担がかかり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。出産は命がけで挑む、人生の一大イベントです。神経質になる必要はありませんが、穏やかに出産当日を迎えられるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。妊娠直後、つわりが重かったことと、身体の負担が大きい仕事だったため退職しました。退職される人も少なくないと思いますが、体力的に厳しくなければ、仕事を続けるのもアリだと思います。妊娠している間はサプリメントで葉酸を飲むよう言われ、ずっと飲んでいました。

 

さらに血が薄かったので、病院で出された鉄剤に加えて鉄分を多く含む食べ物を摂るように心がけていました。子供は2人産みました。
2人ともつわりが早くに感じたのでまだ妊娠判定出来る「生理開始予定日の1週間後以降」より前に妊娠したとわかりました。だから2回目の妊婦生活も前回と変わらないと思いきや全然違うじゃないですか。

 

 

1人目はつわりが重かったので食べられない日々でした。
二人目の時は最初の1カ月ほどでつわりもなくのんびりと生活をしていたのに、切迫流産と切迫早産でどちらも短期とはいえ入院せざるを得ませんでした。妊娠はその時々で変わるものなので、身体の異変には十分に注意して妊婦生活を過ごすようにしましょう。

 

 

 

関連ページ

6度目の人工授精でやっと赤ちゃんを授かる事ができました
お互い仕事が忙しく体力的に頻繁にタイミングを取ることができなかったので、排卵日を特定しなければなかなか妊娠しなかったと思います。これまでに妊活を行ってきた者です。娘を授かり、現在は5ヶ月になりました。妊活中はクリニックに通い続け、その数年間はずっと暗いトンネルの中でした。 いつがやめ時なのか悩んでいましたが、6度目の人工授精でやっと赤ちゃんを授かる事ができました。
妊娠中に守るべきこと
妊娠中に守るべきこと
つわりで悩まされるときは食べようと思うものだけ食べる
つわりで悩まされるときは食べようと思うものだけ食べる
妊婦健診では超音波による検査をします
妊婦健診では超音波による検査をします
いつ初診にかかれば良いかというと、時期的には次の月経予定日から1週間超えたころ
いつ初診にかかれば良いかというと、時期的には次の月経予定日から1週間超えたころ