6度目の人工授精

6度目の人工授精でやっと赤ちゃんを授かる事ができました

妊活をしている友人や既に子供がいる友人と話して、役立てそうな情報を集めるのも重要な妊活といえるものだと思います。
インターネットを駆使して自分でもできる方法を探してはいますが、それでも十分なものとは言えず、友達が教えてくれる方法は初耳のものも多いです。

 

もっとも信頼できる話の情報源は既に子供を育てている友人であり、友人と同じように妊娠できるかもしれないと、ポジティブに取り組もうと思わせてくれる素敵な話ばかりです。そう遠くない未来で私も妊活を始めた他の友達や妹に私がしてきた事を教えてあげたいと考えています。結婚以来なかなか赤ちゃんが私達のもとへ来てくれることはなく、今は妊活サプリの力を信じて飲用を続けています。妻だけに責任を負わせてしまうわけにはいかなかったので、夫の私も一緒に飲めるサプリを買って、いつも一緒に飲むようにしています。病院で詳しい検査を受けるつもりですが、不妊治療に特化した病院で然るべき検査をするつもりですが、妻の生理が乱れることなくきちんと周期的にくるようになり、.それなりの効果はあるようです。

 

 

 

前々から月経は乱れがちだったので、最初に基礎体温をつけることにしました。

 

 

 

インターネットなどから得た情報を参考に自分のやり方でタイミングを探ってみましたが、6ヶ月たっても妊娠しなかったため、外国製の安い排卵日検査薬を通販サイトで手に入れて、排卵日を確認してタイミングを取ったところ4ヶ月で赤ちゃんを授かりました。

 

お互い仕事が忙しく体力的に頻繁にタイミングを取ることができなかったので、排卵日を特定しなければなかなか妊娠しなかったと思います。これまでに妊活を行ってきた者です。娘を授かり、現在は5ヶ月になりました。妊活中はクリニックに通い続け、その数年間はずっと暗いトンネルの中でした。
いつがやめ時なのか悩んでいましたが、6度目の人工授精でやっと赤ちゃんを授かる事ができました。

 

 

 

この素晴らしい出来事に今は感謝しかありません。
妊活中は仕事をしていましたが、ストレスはすぐに解消するように心がけていました。
夫と二人で出かけて気分転換していたのも今は素敵な思い出です。
妊活と端的にいってもその方法は多岐に渡ります。
美容院の毛染めも化学物質ではなく出来る限りオーガニックをしようしたり、食品も自然派のものに変えたりするのも多様な妊活の方法の1つです。

 

とりわけ身体の冷え取りは非常に効果の高い妊活とも言われています。

 

私達はずっと子供を授かりたいと願うと同時に授からないことに悩んでもきましたが、双方に問題がなかったので上記に掲げたことに注意しながら妊活をし続けて、現在妊娠中という結果になりました。
もうそろそろ子供を持ってもいいかもと、最近になって主人と話すようになりました。

 

 

まずは、初歩的なところからかなと思います。

 

毎日の暮らしの中ではカラダの冷えを予防したり、ズボラだった基礎体温の習慣をきちんと、アラームを鳴らして毎朝決まった時刻で計るようになりました。

 

食生活も3食しっかり食べることにしています。

 

睡眠時間も22時~7時に眠る事でしっかりと確保するようにしました。今月は検査薬をあと少しで使えるようになるので、結果を楽しみにしています。

 

排卵日の特定に役立てようと基礎体温をつけるようになりました。毎朝起きてすぐに計る基礎体温は動いてしまうと正確な体温が計れないため、前もって頭上近くに体温計を準備しておけば何も困ることはないのですが、体を動かさずに横になったままですと二度寝してしまいそうで気を緩めることはできません。計るのには問題ありませんが、仕事には遅刻してしまうかもしれないからです。

 

基礎体温は女性ならではの体調管理方法でもありますので、妊活をされていない方も計ってみてください。
体温グラフが安定しない時は体が疲れている状態だとして、日々の暮らしを見つめ直す努力をしています。

 

結婚生活も落ち着き子供の事も考え始めた時、まずはパートナーとの考えの共有から始めましょう。妊活というのは、主に女性の方が積極的に行っていますが、妻だけの努力で赤ちゃんを授かる事は不可能です。
最近はご夫婦揃って不妊治療に臨まれる方も多く、そこで不妊の原因が男性側にあったという事例もあります。しかも自然妊娠が不可能な場合には、前もって治療法や期間、上限額など決めていく必要があります。その時には、やはり夫婦の協力が不可欠となりますので、ゆっくりとお二人で話し合う時間を持つようにしましょう。

 

妊娠しやすい体を作るため、ちょっとしたことですが、様々な事をやっています。例として、一年中お風呂は必ず湯船に入り、体の冷えを防いでいます。

 

 

 

体の冷えを取り除くだけでなく予防もできますし、疲れも改善してくれるので元気に過ごすことができます。加えて、葉酸と鉄分を手軽なサプリで毎日飲むようにしています。とりわけ葉酸に至っては妊娠する3ヶ月前から飲み続けるほうが良いと言いますし、妊娠したいと思うようになってから毎日欠かさず飲むようにしています。妊娠すると貧血にもなりやすいので鉄分も摂るようにしていて、もし妊娠したら胎盤から健康的な栄養(血液)が赤ちゃんに届くよう、これも飲み続けています。
現在多くの方が不妊治療を受けてらっしゃいます。

 

妊娠する可能性があるのならと、できる事は何でもやろうという方も多いのではないでしょうか。

 

 

やってみて欲しい事はいっぱいあります。最初に、常日頃から栄養バランスの良い食事をするという事です。過度なダイエットは体が必要とする栄養バランスが崩れるのでやめたほうがいいです。そして最後に妊娠中の体に不可欠なのが葉酸です。赤ちゃん体をつくる大切な栄養素です。

 

サプリメントなどできちんととる事を心がけましょう。

 

簡単にできることから行うのが妊活を続けていく上で重要となります。

 

関連ページ

妊娠中に守るべきこと
妊娠中に守るべきこと
つわりで悩まされるときは食べようと思うものだけ食べる
つわりで悩まされるときは食べようと思うものだけ食べる
妊婦健診では超音波による検査をします
妊婦健診では超音波による検査をします
いつ初診にかかれば良いかというと、時期的には次の月経予定日から1週間超えたころ
いつ初診にかかれば良いかというと、時期的には次の月経予定日から1週間超えたころ
生理がきたとしても排卵が行われなければ、妊娠することは不可能
生理がきたとしても排卵が行われなければ、妊娠することは不可能